ウィリアムヒルの良い評判、悪い評判徹底暴露

未分類

80年という長い運営歴がある『ウィリアムヒル』とはどのようなブックメーカーなのでしょうか。

この記事でウィリアムヒルの特徴や評判について、詳しく解説していきたいと思います。

ウィリアムヒルとは

ウィリアムヒルはジブラルタルのWilliamHill PLC(オフィス住所:6/1 Waterport Place, ジブラルタル、登記番号99191)という会社が運営しているブックメーカーです。

運営に必要なライセンスは、ジブラルタルの政府より取得しています。
ジブラルタルのライセンス審査は、世界の中でもトップクラスに厳しいことで有名。そのため、誰でも安心してウィリアムヒルでのベットを楽しむことができるでしょう。

では、さらに具体的にウィリアムヒルの特徴について解説していきます。

ウィリアムヒルの良い評判

ウィリアムヒルにはどんな特徴があるのか、その評判から紐解いていきましょう。

まずは、良い評判について紹介します。

日本語対応

ウィリアムヒルのサイトは日本語に対応しており、日本語サポートも充実しています。現在利用できるブックメーカーサイトは、全て海外の会社が運営しているため、「言葉が分からず使いづらいかも」と不安になる方も多くいることでしょうが、ウィリアムヒルならばその心配は無用です。

ベット中や入出金の際など、様々な局面でトラブルに見合われる可能性があります。それでも、いざという時にはEメール、ライブチャット、電話のいずれかの方法を使って素早く日本語でのサポートを依頼することができるのです。上記の問い合わせ方法のうち、最も便利なのがライブチャットによる問い合わせです。ライブチャットを利用すれば、自分が直面している問題をリアルタイムで解決に導いてくれます。

圧倒的な運営歴の長さ

ウィリアムヒルの最大の特徴と言っても過言ではないのが、その運営歴の長さです。

戦前から運営を続けており、その実績は実に約80年。通常、ブックメーカーの安全性を図る基準として「10年以上の運営歴があるか」という点がありますが、その基準を遥かに凌駕しているのです。

ここまでの長い期間、安定して運営してきたのは、紛れもなく確かな運営基盤ができているからこそ。そのため、この先も長きに渡って「ウィリアムヒルが突然倒産する」というような心配をする必要がなく、安心してベットを楽しむことができるのです。

最近は、ウィリアムヒルのほかにも様々なブックメーカーが誕生しており、魅力的なプロモーション活動を通じて新規プレイヤーの歓迎を図っています。しかし、そういったブックメーカーは新興勢力も多く、どこまで安心してプレイできるかは、未知数な部分もあります。

とにかく安定性を重視してブックメーカーを選びたい、と考えている方には、ウィリアムヒルが筆頭候補になることでしょう。

運営企業が上場している

ウィリアムヒルを運営しているWilliamHill PLCは、ロンドン証券取引所に上場している大手企業です。イギリス国内においては、「ウィリアムヒルは銀行よりも安心感が高い」と言われるほどの存在となっています。

信頼度の高いジブラルタルのライセンスを取得、80年を超える安定した運営実績、上場企業による運営。どこにも非の打ちどころがないほど、ウィリアムヒルの安定性は抜群です。

出金限度額が大きい

ウィリアムヒルでは1回の出金当たり、最大4000万円相当まで引き出すことができます。これほどの高額出金が可能なブックメーカーやオンラインカジノはほとんどありません。

他の業者では、多くの場合1回当たりの出金限度額は1万ドル~5万ドル程度(100万円から500万円くらい)と設定されています。そのため、超高額の勝利金を獲得したとしても、それを出金するために何度も何度も手続きをしなければならない、ということもあるのです。また、場合によっては1か月当たりの出金限度額が制限されていることもあります。

しかし、ウィリアムヒルでは、超高オッズを的中させて大きな勝利金を手にしたとしても、4000万円までならばたったの1回の手続きで出金することができます。また、それだけの高額出金にもすぐに対応できることは、安定した資力を有しているということの現れです。

プロモーションボーナスが豊富

ウィリアムヒルでは、様々なプロモーションボーナスを用意し、プレイヤーの歓迎や優遇を行っています。いくつか具体的に紹介しましょう。

初回入金マッチボーナス

ウィリアムヒルでは、アカウントを開設した後、初めての入金を行い、その後の初めてのベット額に従って、最大1万円相当のフリーベットボーナスを獲得することができます。

ボーナスを受け取る方法には、以下の2つのことを行うだけです。

  • 入金時にプロモコード欄に「JP100」と入力すること
  • 初回のベットで1.50倍以上のオッズに20ドル以上を賭けること

引用元:ウィリアムヒル

すると、20ドル以上100ドル以下の範囲において、相当分の金額のフリーベットを獲得となります。このボーナスは、4回に分けて進呈されます。

例えば、100ドル分のフリーベットを獲得する権利を有しているとすれば、25ドルずつ受け取るという訳です。

ecoPayz入金キャッシュバックプロモーション

ecoPayzでの入金の際にプロモーションコード「WILLHILL」を入力すると、入金額の2.5%分がecoPayz口座にキャッシュバックされます。

引用元:ウィリアムヒル

このボーナスのすごいところは、ecoPayz口座に進呈されるという点です。通常、ブックメーカーで受け取れるボーナスは、一定の条件を満たさない限り出金することができないのですが、ecoPayz入金キャッシュバックプロモーションの場合は、最初からecoPayz口座に入金されます。そのため、面倒な出金条件などを一切考える必要がないのです。

ecoPayzでの入金限度額は通貨単位ごとに、以下のように設定されています。

日本円100万円
アメリカドル11200ドル
ユーロ1万ユーロ
イギリスポンド8400ポンド

日本円の場合、入金するだけで最大2万5000円という金額を受け取ることができるというわけです。しかも、無制限に受け取ることができますので、ecoPayzからウィリアムヒルに入金するだけで、どんどん資金を貯めていくことができるのです。

ecoPayz出金キャッシュバックプロモーション

ウィリアムヒルからecoPayzに出金する場合にも、キャッシュバックボーナスを獲得できる可能性があります。前回の出金以降、500ユーロ相当以上をスポーツでベット、もしくは1500ドル相当以上をゲーム(カジノ、ライブカジノ、ポーカー等)でプレイすると、その出金額ごとに以下のようにウィリアムヒルのアカウントにキャッシュが進呈されます。

149ユーロ以下0ユーロ
150ユーロ以上200ユーロ以下5ユーロ
201ユーロ以上400ユーロ以下10ユーロ
401ユーロ以上15ユーロ

引用元:ウィリアムヒル

入金のキャッシュバックボーナスの金額と比べると、やや物足りなさを感じるところですが、それでもキャッシュを受け取れるのはありがたいですね。出金条件も1倍のため、すぐに出金させることができます。

テニスライブベット損失キャッシュバック

テニスのライブベットで負けてしまっても、その損失の10%分を毎週キャッシュバックとして受け取ることができます。最大で13000円相当のボーナスを受け取れるので、大敗してしまったとしても、少しだけ立ち直ることができるでしょう。

スポーツベットにおいて、どんどん賭けられるテニスのライブベットは大きな魅力の1つ。「大敗しても10%は返ってくる」という気持ちがあれば、思い切ったベットにも挑戦できるかもしれません。

日本円が利用できる

ウィリアムヒルでは、アカウントの口座を日本円で管理することができます。日本円を利用できるメリットは、主に以下の2つ。

  • クレジットカードの入金時に為替手数料が発生しない
  • 金銭感覚がマヒしない

ドルやユーロしか利用できない場合には、余計な為替手数料が発生し、せっかくの軍資金をすり減らしてしまうことになります。しかしウィリアムヒルでの通貨単位を日本円に設定しておけば、そのような心配は不要です。

なお、ecoPayzからの入金時には、ecoPayz側の通貨単位と合わせておかないと、為替手数料が発生してしまいますので注意しましょう。

そして、もう1つ大きなポイントが、金銭感覚がマヒしないということです。異なる通貨単位での賭け事をずっと続けていると、次第に金銭感覚がマヒしてきて、正常な判断ができなくなることがよくあります。例えば「100ドル」という金額がそれほど大きなものに感じられなくなるといったような具合です。

しかし、100ドルは日本円に換算すると、およそ1万円。1回のベットに投じるとしては、なかなか大きな金額なのです。そのため、日本人ならば正常な判断力のもとにベットしていくためにも、日ごろ慣れ親しんでいる日本円を利用できることは、大きなメリットと言えるのです。

増強オッズがお得

ウィリアムヒルでは、特定の試合についてのオッズが通常よりも高く設定されることがあります。これを「増強オッズ」と言います。

増強オッズの対象になっていると、他のブックメーカーよりも同じ賭け方について、高オッズが付けられることになります。同じ賭け方であれば全く同じリスクですが、ウィリアムヒルの方が高いオッズが付けられているので、増強オッズの対象となっている賭け方では「ローリスク・ハイリターン」の賭けを楽しむことができるのです。

ブックメーカーで勝利金を積み重ねていくには、高いオッズを的中させていくことが大切なポイントの1つになります。ウィリアムヒルでは、そのチャンスが毎日溢れているのです。

ウィリアムヒルの悪い評判

ウィリアムヒルには、いくつか悪い評判もあります。メリットだけではなく、デメリットもしっかりと把握しておくことで、ウィリアムヒルでのベットをより楽しめることでしょう。

日本語チャットの利用時間が制限されている

ウィリアムヒルで何かトラブルが生じた際に、ライブチャットを利用すれば、リアルタイムで問題を解決してくれます。非常に便利な機能です。

しかし、日本語での問い合わせが可能な時間は、以下の通り設定されています。

  • 月曜日・火曜日:13時~3時
  • 水曜日・木曜日・金曜日:9時~3時
  • 土曜日・日曜日:9時~22時

上記の時間外にトラブルが発生したら、リアルタイムで日本語のサポートを受けることができません。Eメールでの問い合わせを利用するか、ライブチャットを使って英語で問い合わせるという方法を選ぶ必要があります。

出金方法が少ない

ウィリアムヒルで利用できる出金方法はecoPayzしかありません。他のブックメーカーで利用できるiWalletやVenus Pointといった電子決済サービス、また仮想通貨口座なども利用できないのです。

そのため、ウィリアムヒルに登録するにあたってはecoPayzに登録することもマストになります。

ecoPayzでの出金にはecoPayzからの入金履歴が必要

すでに説明をしたように、ウィリアムヒルで利用できる出金方法はecoPayzのみです。

しかしecoPayzから出金する場合には、「1回以上ecoPayzからの入金実績が必要」という条件を満たしている必要があるのです。これまでブックメーカーでのプレイ経験がなく、ウィリアムヒルが初めて登録したブックメーカーであるという方にとって、ecoPayzからの入金実績を作るのは結構面倒な作業となります。

一度ecoPayzに入金して、その後ウィリアムヒルに入金することで実績を作る、もしくは他のブックメーカーやオンラインカジノにクレジットカードで入金した資金をecoPayzに出金し、そこから再度ウィリアムヒルに入金して実績を作る、といったような手段を講じなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました