SBOBETの良い評判、悪い評判徹底暴露【2020年最新版】

ブックメーカーの評価・評判

SBOBETは日本人からの人気度も高いブックメーカーです。一体どのような特徴があるのでしょうか。

この記事で、SBOBETの良い評判と悪い評判から、そのメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

SBOBETとは

SBOBETはイギリスに本社を置くCelton Manx Limited & Fortuneport Enterprises Limitedという会社により運営されているブックメーカーです。マン島ギャンブル監査委員会及びフィリピンからのライセンスの交付を受けているため、合法的に運営されています。

本社の住所はCelton House,Isle of Man Business Park, Douglas, Isle of Man, IM2 2QZ, British Islesです。

公的な政府が発行しているライセンスを取得していますので、違法性を問うことなく安心してベットを楽しむことができます。

SBOBETの良い評判

SBOBETの良い評判から、そのメリットについて見ていきましょう。

審査の厳しいマン島政府のライセンスを取得

オンラインギャンブルサイトを運営するためには、賭博行為が合法化されている国や地域の政府から、ライセンスの交付を受ける必要があります。世界中の様々な政府がその審査機関となっているのですが、SBOBETが審査をクリアしたマン島政府のライセンスは、取得が世界でもトップクラスに難しいということで知られています。

さらに、フィリピン共和国の政府からもライセンスを取得しているため、ダブルライセンスでの運営。SBOBETの安全性を担保するためには、十分な体制が整えられています。

サッカーチームへのスポンサー実績が凄い

SBOBETは、イングランドプレミアリーグのチームを中心として、数多くのサッカーチームの公式スポンサーを務めた実績があります。中には、日本代表の吉田麻也選手が活躍していたサウザンプトンFCの名も。

スポンサーを務めるためには、決して小さくはない広告宣伝費を支払うことが必要です。数多くスポンサーを務めてきたという実績は、それだけSBOBETの資金力が豊富であるということの証左になります。

そのため、「SBOBETで出金しようと思っても、何日も待たされる」「ある日突然、サイトが閉鎖されてしまった」というようなことは心配する必要はありません。

業界トップクラスの実績

SBOBETは、eGaming Review Magazine社が主催するEGRアワードにおいて、2009年と2010年に「年間最優秀アジアンオペレーター賞」を受賞した実績があります。

eGaming Review Magazine社 によるEGRアワードにて2009、及び2010年の2年間連続して年間最優秀アジアンオペレーター賞を受賞、アジア地域、及び世界規模でも業界を牽引するオペレーターの1社として広く認知されています。

引用元:SBOBET

フィリピンのライセンスを取得しているため、他のオンラインギャンブルサイトに先駆けて、特にアジア地域では業界を牽引する存在となっているのです。

業界最高水準のオッズを提供

SBOBETはブックメーカー業界の中でも、特に高いオッズを提供しているブックメーカーとして知られています。そのため、還元率も業界でトップクラスです。

世界中に存在する主要スポーツブックの中でも、SBOBETは最も競争力の高い、最高のオッズを提供しています。

引用元:SBOBET

全く同じ賭け方をするのであれば、オッズは高ければ高いほど有利な賭け方となります。SBOBETならば、他のブックメーカーと比較して同じリスク許容度で高いリターンを狙うことができます。少しでも大きな金額を稼ぎたいと考えている方は、SBOBETを選択するのがオススメです。

https://twitter.com/_hirokidyo/status/1009057037961973760?s=20

世界中の様々通貨単位を利用できる

SBOBETでは。サイト内で以下のような通貨の単位を利用することができます。

  • オーストラリア・ドル
  • カナダドル
  • ユーロ
  • イギリスポンド
  • 香港ドル
  • 日本円
  • 韓国ウォン
  • マレーシア・リンギット
  • ノルウェー・クローネ
  • ニュージーランド・ドル
  • スウェーデン・クローナ
  • タイ・バーツ
  • アメリカドル
  • 南アメリカ・ランド

通常、日本円やアメリカドルを使うプレイヤーが多いでしょうが、その他にも多様な選択肢があります。日本人であっても、海外に居住している場合、その現地の通貨で賭ける方が便利なことも多々ありますので、これだけ多様な通貨単位を利用できるのは、SBOBETの大きな魅力と言えますね。

ちなみに、日本在住の日本人プレイヤーの場合は、日本円に設定するのがオススメです。それは、クレジットカード入金時に余計な為替手数料が発生するのを防ぐためです。もし、クレジットカード入金の際に日本円以外の通貨を設定していると、実際の入金額から為替手数料を差し引かれた分しか軍資金として確保できなくなってしまいます。

日本語対応

SBOBETのサイトを訪問してみると分かりますが、サイト全体の大部分が日本語に対応しており、日本人であっても非常に利用しやすくなっています。

言語の壁があると、なかなか利用が難しいところですが、日本語対応のため安心です。日本語サポート体制も整っています。Eメールならば24時間体制で受け付けていますので、SBOBETのプレイ中や入出金の際にトラブルが生じてしまったとしても、安心して解決をお願いすることができるでしょう。

公式ツイッターで情報発信

SBOBETは公式ツイッターを解説し、様々な情報を発信しています。

こちらは残念ながら日本語非対応、英語での表記となっているのですが、見逃しがちなオファーなど、重要な情報が発信されているので、SBOBETのプレイヤーならば登録は是非ともフォローしておきたいところです。

賭けの判断材料が豊富

SBOBETは、賭けのための判断材料となるデータが多く用意されていることも大きな特徴です。スポーツベットにおいては、闇雲なベットではなく、きちんとしたデータ分析に基づいた肝。

SBOBETのベット画面においては、

  • 直近の対戦成績
  • 当該対戦における平均ゴール数
  • 当該対戦における平均失点数

など、様々な情報が詳細に提供されています。情報が充実していないブックメーカーで賭ける場合には、自分で外聞サイトを利用して調べなければならなりません。しかし、その手間が不要なSBOBETはかなり使いやすいブックメーカーと言えるでしょう。実際のベットを行う際に重宝すること間違いなしです

賭け対象の試合をストリーミング視聴できる

SBOBETでは、アカウントに資金が少しでもあれば、賭けの対象となっている試合をストリーミング視聴することができます。「実際に賭けなければ試合を観られない」ということはありません。そのため、スポーツの試合を視聴するという目的でSBOBETに登録する人も少なくないようです。

また、試合を視聴しながらベットができるので、キャッシュアウトの精度やライブベットの的中率を高めることもできます。試合を実際に見ていると、テキストだけでは得られない試合の流れや雰囲気といった情報も得ることができるので、それをベット戦略に活かせば、かなり高い勝率で資金を稼いでいくことも夢ではありません。

オンラインカジノも楽しめる

SBOBETでは、ブックメーカーと同一のアカウントでオンラインカジノの様々なゲームも楽しむことができます。ゲーム内容は、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、スロットなど、他のオンラインカジノと遜色のない充実度。

どうしてもスポーツの賭けたい試合がない、というような時でも、オンラインカジノを通じて資金を増やしていくことができるのです。二刀流で楽しむことができるため、効率的に資金を稼いでいくことができます。

出金上限額が大きい

SBOBETの1回当たりの出金限度額は、何と3000万円。超高額出金に対応しているのは、ハイローラーにとっても非常に嬉しいポイントと言えるでしょう。

夢のある高オッズを的中させて、大きな配当を獲得したとしても、出金拒否などのトラブルに見舞われる心配はありません。

SBOBETの悪い評判

SBOBETにはいくつか悪い評判もあります。きちんとデメリットについても把握しておきましょう。

入出金方法が少ない

SBOBETでボーナスを受け取ったり、実際にベットしたりするためには、アカウントに入金する必要があります。全世界で見れば利用できる決済方法は豊富なのですが、日本人が利用できる方法はわずか。

  • クレジットカード(VISA・Mastercard)
  • 銀行送金

以上の2種類しかありません。通常多くのブックメーカーで利用できるecoPayzやVenus Pointが利用不可となっているのは、ちょっと残念なところですよね。

しかし、SBOBETは他のブックメーカーよりも、アジア市場を重視したビジネスの展開を行っています。そのため、将来的には日本人が不便なく入出金を行うことができるような体制が整えられていくことが期待されます。

初回入金ボーナスの獲得が難しい

SBOBETでは、新規プレイヤーを歓迎するために、最大15000円の100%ボーナス(金額と割合は、時期によって異なります)を提供しています。

通常、他のブックメーカーでは初回入金を完了した時点で、この種類のボーナスを受け取ることができるのですが、SBOBETの場合は異なります。SBOBETで初回入金ボーナスを受け取るためには、以下の手順を踏まなければなりません。

  1. アカウント開設時にプロモーションコード「ACE25」を入力する
  2. アカウント開設後、初めての入金を行う
  3. 入金額の14倍以上の金額を、5倍以上のオッズにベットする
    例えば、1万円を入金したのであれば、14万円分を賭ける必要があるということです。
  4. 3の条件が満たされると、アカウントにボーナスが入金される

万が一、ボーナス獲得要件を満たすための資金が不足してしまった場合には、再入金をすることによって継続して条件を消化させることができます。

簡単に言えば、アカウントに入金した後、ある程度勝ち続ければボーナスを受け取れるという訳です。入金後60日以内に要件を満たせなければ、ボーナスを獲得することができないという点にも注意が必要です。

なお、ボーナスの獲得要件が完了する前に、キャッシュの出金申請を行うと、勝利金の10%が手数料として差し引かれてしまうという難点もあります。そのため、SBOBETでは初めからボーナスを獲得しないという判断をするのも賢明です。

ライブチャットが日本語非対応

サイトの大部分が日本語に対応しているのが、SBOBETの大きな魅力の1つです。しかし、残念ながらライブチャットは日本語に対応していません。

ライブチャットを使えば、直面しているトラブルについて、リアルタイムでの解決を依頼することができるのですが、SBOBETの場合は「英語が堪能である」という条件も付されます。

英語が得意でない方は、日本語での問い合わせが可能となっているEメールでのサポートを利用するしかありません。しかし、幸いEメールのレスポンスも、比較的速いというのがSBOBETの魅力の1つです。

出金手数料がかかる場合がある

基本的に、SBOBETは入出金に際しての手数料は無料です。しかし、出金時は、入金額の3倍以上のベットを行った場合のみ、という条件が付されます。

例えば1万円を入金して、2万円分ベットした時点で出金申請をかけたとしましょう。すると、5%分の出金手数料が発生してしまうのです。手数料がかからないのは、3万円分以上のベットが完了した時です。

せっかく稼いだ勝利金を余計な損失で失ってしまうのは、非常に勿体ないですし、SBOBETの残念なポイントです。

最新ブックメーカーおすすめランキング

盛り上がるを見せるブックメーカー!

でも、登録するブックメーカーによってサービスやボーナスに大きな違いがあることはご存知でしょうか?

2020年最新版!おすすめブックメーカーをまとめてみました!

ブックメーカーおすすめランキング
1位 ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは、Pinnacle Sports Worldwideという会社が運営しているブックメーカーです。
オランダ領キュラソー島のライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

2位 10bet

10betは、Comfortlink N.V.が運営しているブックメーカーです。
運営に必要なライセンスは、オランダ領キュラソー島から付与されています。

3位 ウィリアムヒル

ウィリアムヒルはWilliamHill PLCが運営しているブックメーカーです。
ジブラルタルのライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

ブックメーカーの評価・評判
ブックメーカーおすすめナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました