188betの良い評判、悪い評判徹底暴露【2020年最新】

3.5
ブックメーカーの評価・評判

188betはアジア市場の進出に力を入れているブックメーカーとして有名です。一体どんな特徴があるのでしょうか。

この記事で188betのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

188betとは

188betは、マン島に本社を置くキューブ株式会社という会社が運営しているブックメーカーです。登録住所は、Ground Floor, St George’s Court, Upper Church Street, Douglas, Isle of Man, IM1 1EEです。

本社所在地のあるマン島からライセンスを取得しており、合法的に運営されています。マン島のライセンス審査は、世界でもトップクラスに厳しいことで有名なので、安心したプレイが保証されるでしょう。

188betの良い評判

188betにはどんな魅力があるのでしょうか。良い評判から解説していきます。

信頼度が抜群

冒頭でも説明をしていますが、188betはマン島のライセンス審査をクリアしています。非常に厳しい審査ですので、それをクリアしていることは大きな安心感の材料となるでしょう。

加えて、2019年度の世界バドミントン選手権においては公式スポンサーを務めた実績もあります。主要な競技で世界大会のスポンサーを務められるというのも、188betの信頼性を物語っています。

188BETがカスタマーサービスにおいて大切にしていることは、
お客様第一。
お客様に満足していただけることで188BETは存在できているという意識。
お客様の期待以上のことをご提供していくという情熱。

引用元:188bet

「突然サイトが閉鎖したらどうしよう」「問題がないはずなのに出金が拒否されたらどうしよう」といったような心配は一切する必要がなく、188betでの様々な賭けを楽しむことができます。

賭けの判断材料となるデータが充実

188betは単に賭けのプラットフォームを提供するだけではありません。プレイヤーの賭けの確定に少しでも寄与できるようにと、対象の賭けにまつわる細かいデータを提供しています。スポーツベットにおいて的中率を高めるカギは、情報収集とデータ分析。それらをうまく活用することで、着実に稼いでいくことができるでしょう。

他のブックメーカーにおいては、情報収集は外部サイトに任せていることも少なくありません。そのようなブックメーカーを利用していると、188betのサイトを含めていくつかのサイトを見ながら作業しなければならず、賭けのベストタイミングを逸してしまうということもあり得ます。

しかし、188betはベット画面と同一の画面での情報収集・データ分析ができるので、余計な労力を必要としません。

初回入金ボーナスは選択制

188betに新規登録後、初めての入金時には2つのボーナスのうち、好きな方を選択することができます。それぞれ、以下のような内容のボーナスが用意されています。

  • 最大100ドル(10250円)の200%入金ボーナス
  • 最大600ドル(65000円)の100%入金ボーナス

最初は少額だけ入金して、お試しでベットしたいならば200%ボーナスを、最初から一気に資金を増やしてガンガン賭けていきたいならば100%ボーナスを、というように各プレイヤーの好みに応じて選択可能です。

なお、出金条件はそれぞれ以下のようになります。

最大100ドルの200%ボーナスボーナス額の15倍以上のベット
最大600ドルの100%ボーナスボーナス額の40倍以上のベット

それぞれ有効期限は90日間あります。出金のしやすさも含めて、どちらのボーナスが自分にとって好都合なのか、よく考えたうえでお好みのボーナスを選択しましょう。

毎週30%再入金ボーナス

188betで入金ボーナスをもらえるのは初回だけではありません。何と毎週最初の入金時に、最大300ドルの30%入金ボーナスを受け取ることができるのです。

このボーナスの出金条件は25倍以上のベットとなっています。

1か月間で毎週このボーナスを最大限受け取っていれば、それだけで1200ドル(場合によっては1500ドル)という金額になります。上手に利用すれば、資金をどんどん増やしていくことができます。

ベット還元ボーナスが熱い

188betでボーナスが受け取れるのは入金時だけではありません。なんと、毎回のベットにおいても所定の割合でボーナスを受け取れるのです。

連続ベット月数ボーナス還元率
1か月0.18%
2か月0.28%
3か月以上0.38%

登録したばかりの頃は、ベット額に対して0.18%の割合でボーナスを受け取ることができます。例えば、1週間合計で10万円分のベット実績があるとすれば、ボーナスとして10万円×0.18%=180円受け取れるということです。

2か月、3か月と連続してベットしていくことで、そのボーナス還元率を高めることができます。

さらに、6か月以上連続でベット実績があると、特別追加ボーナスというボーナスも付与されます。これは、ベット還元ボーナスの金額に、さらに所定の割合を掛けた金額を追加ボーナスとして受け取れるというものです。

連続ベット月数特別追加ボーナス還元率
6か月から8か月3.60%
9か月から11か月5.60%
12か月以上7.60%

例えば、12か月連続でベット実績があるとして、13か月目のとある1週間に合計で10万円分のベットを行ったとしましょう。すると、

  1. 10万円×0.38%=380円
  2. 380円×7.6%=約29円
  3. 380円+29円=409円

のボーナスを受け取ることができるのです。もちろん、トータルのベット実績が増えれば増えるほど、この金額は大きくなっていきます。しかも、出金条件はたったの1倍。ボーナス額と同等のベットを行えば、それだけで出金可能な状態となります。

このほか、カジノ、ライブカジノ、キノなどの賭けにおいても同様のボーナスが用意されています。好きなゲームに賭けているうちに、気が付けば結構な金額がボーナスとして貯まっていた、ということもある大変お得な仕組みのボーナスです。

ユニークなツイッター企画が面白い

188betの楽しみ方は、単にスポーツの試合に賭けるということだけには留まりません。

https://twitter.com/188Japan/status/1185120325396156416?s=20

上記のツイートのように、嬉しいプレゼントキャンペーンなども開催しています。188betのツイッターをフォローしておけば、様々なキャンペーン情報などもいち早くキャッチすることができます。

188betに登録するならば、ツイッターのフォローもセットでしておきましょう。

試合のライブ視聴が可能

188betでは、賭けの対象の試合をストリーミング配信しています。欧州サッカーを中心に配信があり、賭けるだけではなく、スポーツの試合を観るという楽しみ方も188betでは可能です。

試合を視聴していれば、テキスト情報からだけではなかなか得られない情報を手に入れることもできます。それは、特にライブベットやキャッシュアウトの際の大きな判断材料となるでしょう。

なお、映像を視聴するためには、24時間以内にベット実績が必要という条件があります。このあたりは、他のストリーミング視聴が可能なブックメーカーと比較すると、残念に感じられる部分です。

特別強化オッズが熱い

188betでは一部の試合について、特別強化オッズが提供されることがあります。特別強化オッズとは、通常よりも高めに設定されるオッズのこと。同じ賭け方をするのであれば、オッズが高い方が、同じリスクでより大きなリターンを期待することができるので、見逃したくないところです。

特別強化オッズが設定されていれば、他社のブックメーカーと比較して大きく稼ぐチャンスです。

銀行口座への出金ができる

188betで獲得した勝利金は、ecoPayzもしくは指定の銀行口座への出金が可能です。

銀行口座へ直接出金ができるブックメーカーの数はそれほど多くありませんので、188betは貴重といえるでしょう。最低1000円から最大10万円までの送金が可能なので、それほど大きな金額は動かせません。しかし、電子決済サービスを経由しない取引は、余計な手間を必要としないので大変便利です。

出金申請から口座への着金まで、銀行の営業日であれば概ね4時間以内には完了するというスムーズさも魅力です。しかも、手数料はタダです。

また、出金だけではなく、銀行口座からの直接入金も可能。クレジットカードを発行したり、電子決済サービスに登録したりする必要がなく、少ない準備でも188betでのすべての取引をすることができます。

ecoPayzならば最大600万円まで出金可能

188bet大きな勝利金を獲得しても、ecoPayzを利用すれば、一気に出金することができます。その金額は、最大で600万円。また、ecoPayzでは入金も250万円まで一度に行うことができますので、ハイローラーならば是非とも利用したいサービスです。

188bet悪い評判

188betにはいくつか悪い評判もあります。悪い評判からデメリットについても、しっかりと確認しておきましょう。

ボーナスの条件消化にはオッズ1.75倍以上へのベットが必要

指定されているボーナスの出金条件を消化するためには、最低でも1.75倍以上のオッズに賭けなければなりません。

他のブックメーカーの場合には、1.50倍程度の条件であることが一般的ですので、188betはやや厳しめに設定されていると言わざるを得ません。もちろん、高めの条件が設定されているので、的中させた時には高配当を得ることができます。

しかし、やはり賭けを外してしまう可能性も高いので、慎重な判断のもとベットしていくことが求められます。

入出金方法が少ない

188betで利用できる入金方法は、

  • クレジットカード・デビットカード(Mastercard・JCB)
  • ecoPayz
  • 銀行振込

の3通りです。出金は、クレジットカード・デビットカードを除いた2通りです。

銀行口座を利用した入出金ができるというのは大きな強みですが、他のブックメーカーと比較して圧倒的に決済方法の充実度は劣っていると言わざるを得ません。

クレジットカード入金に手数料がかかる

188betではサイト内で使用する通貨として日本円を設定可能です。通常、日本円に設定していれば、クレジットカード入金時に手数料はかかりません。しかし、188betの決済システム上、一度外貨を経由する取引となるため、為替手数料が徴されてしまいます。

その割合も決して小さなものではなく、

  • Mastercard:5%
  • JCB:2%

となっています。クレジットカード入金時は、まずは為替手数料分を取り戻すというところから始めなければなりません。

銀行振込でエラーが発生する事案があり

188betは銀行振込による入金が可能なブックメーカーです。手数料もほとんどかからず、非常に便利なのですが、2019年12月に銀行振込についてのエラーが多数発生したとの情報がありました。

その理由は、プレイヤーが入金する振込先口座が凍結されたことです。メリット盛りだくさんの銀行振込ですが、口座が凍結されたと聞くと、とても安心できたものではありませんよね。

最新ブックメーカーおすすめランキング

盛り上がるを見せるブックメーカー!

でも、登録するブックメーカーによってサービスやボーナスに大きな違いがあることはご存知でしょうか?

2020年最新版!おすすめブックメーカーをまとめてみました!

ブックメーカーおすすめランキング
1位 ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは、Pinnacle Sports Worldwideという会社が運営しているブックメーカーです。
オランダ領キュラソー島のライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

2位 10bet

10betは、Comfortlink N.V.が運営しているブックメーカーです。
運営に必要なライセンスは、オランダ領キュラソー島から付与されています。

3位 ウィリアムヒル

ウィリアムヒルはWilliamHill PLCが運営しているブックメーカーです。
ジブラルタルのライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

ブックメーカーの評価・評判
ブックメーカーおすすめナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました