ブックメーカーは稼げるのか?稼げる理由を徹底解説

スポーツベット攻略

最近、日本でもブックメーカーが人気の副業になっています。月数千円から数万円というお小遣い程度の収益から、本業を超えるような収益まで、幅広い層が楽しむことができます。

ブックメーカーとは、具体的にどのようなものなのか、稼げる理由や稼ぐためにするべきことについて、この記事で解説していきます。

ブックメーカーは稼げる!

「ブックメーカーは稼げる」とはよく言われますが、具体的にどのような理由があって稼げるのか、きちんと把握しておくことが大切です。

その具体的な理由について、4つ解説します。

還元率が高い

ギャンブルにおける稼ぎやすさの指標に「還元率」という言葉があります。還元率とは、投資金に対してどれだけのリターンを平均的に得られるかを示した数値。この数値が高ければ高いほど、稼ぎやすいということができるのです。

ブックメーカーの還元率は、およそ95%と言われています。簡単に言えば、1万円を投資したら、長期的には9500円という金額に収束していくというイメージです。

「あれ?500円(5%分)の損失になっているのでは?」と感じる方も多くいるでしょう。実は、基本的に還元率が100%を超えることはありません。100%から還元率を引いた分の数値(今回の例で言えば5%)は、運営元の利益となるためです。

万が一、還元率が100%を超えている場合には、運営元のブックメーカーが100%赤字を出す構造になってしまいます。

さて、ブックメーカーの95%という還元率がどれだけ優秀な数値なのか、他のギャンブルとの比較で紹介しましょう。有名なギャンブルにおける還元率は、以下のような数値になります。

  • 宝くじ:40%程度
  • 競馬・競輪・オートレース:75%程度
  • パチンコ・パチスロ:80%程度

さて、還元率95%という数値がどれだけ高いのか、お分かりいただけたでしょう。

他のギャンブルと比較しても、圧倒的な稼ぎやすさを誇るのが、ブックメーカーの特徴なのです。

いつでもどこでもチャンスがある

ブックメーカーは、スマートフォンやパソコンから専用のサイトにアクセスし、好きな試合にリアルマネーをベットします。

すべてがオンラインでの取引となるため、時間や場所を選ばずにベットすることができるのです。

例えばパチンコで稼ごうと思うと、絶対条件としてパチンコ店に足を運ぶ必要があります。その際には、移動費や店内の騒音などといったコストも発生しています。

一方で、インターネットに繋がってさえいれば楽しめるブックメーカーは、全く時間と場所を選びません。

例えば、通勤電車の中、トイレの中、カップラーメンができ上がるまでの待ち時間、などあらゆる時間が稼ぐためのチャンスと言えるのです。

賭けの対象が豊富

ブックメーカーでは、世界中の様々なスポーツの試合を賭けの対象にしています。特に、どのブックメーカーにおいても、サッカーの取り扱いが充実しており、ヨーロッパの主要リーグや国際試合、さらには日本のJリーグや天皇杯まで賭けの対象です。

また、中央アジアやアフリカなどの国のリーグ戦を賭け対象としている場合もあります。

そのほか、テニスやラグビー、野球、最近流行のeスポーツなど、取り扱うスポーツの種類も様々。

賭け方も、「勝ちか負けか」といったようなシンプルなものだけではありません。リアルタイムに次に起こりうる出来事を予想する「ライブベット」も充実しており、豊富な賭け方を楽しむことができます。

常時3万通り以上の賭け方が用意されているとも言われており、一度のベットを外しても、すぐに挽回のチャンスが訪れることも大きな特徴の1つです。

賭けを柔軟に調整できる(キャッシュアウト)

ブックメーカーでは、スポーツの試合に賭けることで、的中すればオッズに応じた配当を獲得、一方で予想を外せば、賭け額を没収されることになります。

通常、スポーツへの賭けと聞くと、競馬やtotoなどを想像する方が多いでしょう。競馬やtotoにおいては、一度賭けたら最後、当たりかハズレかの2択しかありません。

しかし、ブックメーカーにおいては、自分の賭けた内容を、状況に応じて柔軟に変更することができます。

例えばサッカーの試合において、「バルセロナ VS チェルシー」の試合で、バルセロナ勝利に賭けていたとしましょう。

試合を見ていると、後半残り20分という段階でチェルシーが2点リード、どうにも今日はバルセロナが勝つ雰囲気は感じられないというシチュエーション。そのような状況において、ブックメーカーでは「キャッシュアウト」という機能を使うことによって、賭けの結果が確定する前に、払い戻しを受けることができるのです。

このままバルセロナの敗北を待ち続けた場合には、一切の払い戻しを受けることができません。しかし、キャッシュアウトにより、賭けを自分のタイミングで終了させることで、一部払い戻しを受けることができるのです。

キャッシュアウトは、今回の例のように「損失回避」という目的だけではなく、「利益確定」という目的でも利用することができます。

オンラインだからこそ利用できる「キャッシュアウト」機能。この機能を使いこなすことが、ブックメーカーを攻略する大きなカギです。

ブックメーカーで稼ぐためにするべきこと

ブックメーカーで稼ぎ始めるにあたっては、どのような準備が必要なのでしょうか。

ブックメーカーに登録する

大前提として、最低1つ以上のブックメーカーでアカウントを作成する必要があります。ブックメーカーの種類は非常に多くあり、それぞれのブックメーカーによって特徴も異なります。

多くが日本語対応を果たしているので、日本人であっても非常に利用しやすいのが特徴です。様々なブックメーカーの中から、自分好みの業者を見つけてください。

入金手段を準備する

ブックメーカーでアカウントを作成しても、入金をしないことには稼ぎ始めることはできません。

初めてブックメーカーに登録する、というような人は、クレジットカードを準備するのが一般的です。どのブックメーカーにおいても、クレジットカードによる入金には対応しています。

しかし、ブックメーカーごとに利用できるカードブランドは異なります。ブランドごとの取り扱いの充実度は、以下の通りです。

  • VISA:ほぼすべてのブックメーカーで入金できる
  • MasterCard:多くのブックメーカーで入金できる
  • JCB:一部のブックメーカーで入金できる
  • American Express:入金できるブックメーカーはほとんどない
  • Dinners Club:入金できるブックメーカーはほとんどない

まずは、VISAやMasterCardのいずれかを用意すれば問題ありません。なお、デビットカードでの入金も可能なので、クレジットカードに抵抗を感じる方はデビットカードを用意しましょう。

電子決済サービスに登録する

ブックメーカーで勝利金を得ると、アカウントに資金が貯まっていきます。その資金を出金する際に必要なのが、電子決済サービスです。

残念ながら、ブックメーカーのアカウントから直接銀行口座に出金できるケースはほとんどありません。一旦、電子決済サービスを経由して、銀行口座へ出金するという流れが基本になります。

具体的には、以下の電子決済サービスがおすすめです。

  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット
  • スティックペイ

ブックメーカーごとに、利用できる電子決済サービスは異なります。エコペイズならば、ほぼすべてのブックメーカーで利用ができるので、迷ったらエコペイズを選択しておけば問題ありません。

まとめ

副業解禁時代において、注目の副業の1つがブックメーカーです。

特に大きな労力をかけなくとも、稼ぐことができるので、特に日中忙しくしているような方にはオススメです。

スポーツ好きの方は、試合そのものの興奮に加えて、お金を増やせるかもしれないという緊張感もあるので、さらにスポーツの楽しさを味わうことができるでしょう。

最新ブックメーカーおすすめランキング

盛り上がるを見せるブックメーカー!

でも、登録するブックメーカーによってサービスやボーナスに大きな違いがあることはご存知でしょうか?

2020年最新版!おすすめブックメーカーをまとめてみました!

ブックメーカーおすすめランキング
1位 ピナクルスポーツ

ピナクルスポーツは、Pinnacle Sports Worldwideという会社が運営しているブックメーカーです。
オランダ領キュラソー島のライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

2位 10bet

10betは、Comfortlink N.V.が運営しているブックメーカーです。
運営に必要なライセンスは、オランダ領キュラソー島から付与されています。

3位 ウィリアムヒル

ウィリアムヒルはWilliamHill PLCが運営しているブックメーカーです。
ジブラルタルのライセンスを取得しており、合法的に運営されています。

スポーツベット攻略
ブックメーカーおすすめナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました